これから婚約指輪を購入する人へ|慎重に選択しよう

輝きに違いが出る指輪

男性女性

セッティングを変える

婚約指輪を選ぶ際、デザインのみで選ぶよりもセッティングを重視することで宝石をあしらう婚約指輪の輝きを、より一層、引き出すことができます。セッティングは宝石を留めておく役割があり、一粒ダイヤの婚約指輪を例とした場合、立て爪が代表的な形と言われています。4本から6本の爪でダイヤを持ち上げる形で、光を側面からも取り込めるため、輝きが増すのが特徴です。またパヴェは、小さな宝石の輝きを増大させることができる形でもあり、予算などを考慮し、小さな宝石を用いりたい場合に利用したいセッティングです。また、中央に少し大きめの宝石を置くことでゴージャス感を引き出し、メインの宝石も引き立てることができるなど、価格以上の価値をセッティング1つで作り出すことが可能です。

人気のエタニティ

婚約指輪には一般的にダイヤがセットされ、セッティングやカッティング方法によって輝き方にも違いが表れます。特に女性からの支持を集めているのがエタニティリングで、同サイズ・カットのダイヤを一列に連ねた形が特徴で、フルエタニティが評価を高めています。婚約指輪の全周に途切れることなく宝石をセッティングし、宝石が持つ意味を象徴するデザインに仕上げられています。宝石が全面にあしらわれているため、サイズ直しが難しいケースが挙げられていることから、慎重にサイズ決めを行うのが一般的です。また、フルエタニティに対してハーフエタニティが提案されており、半周にのみ宝石がセッティングされているため、サイズ直しが容易にできる魅力が挙げられています。