これから婚約指輪を購入する人へ|慎重に選択しよう

婚約の際の指輪の主旨

男女

指輪の持つ意味とは

あらためていうまでもなく、婚約は法的に定まった決まり事ではありません。 しかしながら、その確約を象徴している品物として指輪を取り交わすという慣習が古くからあります。 なお、法的に婚約自体が力を持ち合わせていないかというと、そんなことはありません。 ひとつの例として、適正な事由なく婚約が解消されれば、損害賠償の責任が問われたりするケースもあり、そうした場合に婚約指輪が深く関係してくるといえます。 また、婚約指輪はおのおのの今後を誓い合うと言える初めのステップといえます。男性の方から婚約指輪を譲り渡すことで、プロポーズとすることもありますので、人生にとっても大きな意味を持つものといえます。

左手の薬指の理由とは

エンゲージメントリングと称される婚約指輪は、 一般的な常識ともいえますが、左手の薬指にはめることになります。 薬指にはめる理由についてですが、心臓に結びついている薬指にはめることを通して、これから先永続的に愛し合うことを目的としたとされています。その気持ちをこめて指輪の交換をするのです。従来は、ダイヤモンドを選択することが多くあったようですが、 近年では真珠や誕生石といった、予定している予算や心を惹かれるものから選択する恋人同士も多いといえます。 とにかく、業界のマーケットの作った給料の3か月分という広告文はそれほど意識せずに、 好みの品や愛着がある品を選考すると満足の行く二人だけの指輪が見つかるでしょう。